読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒッチハイクで熊本に行ってみた③

 

 

 

こんにちわ、SORAです〜

今日は一日中人と話す時間が少なかったのでストレスで泣きそうです(笑)

ブログ書きます。

 

 

f:id:i-am-sora224born:20160521225105j:plain

前回の記事では、石川県になぜか行ったけどなんとか大阪まで着いたとこまで話しましたが、まぁヒッチハイク初日目から大移動になりしかも休む暇もなくオールで次の日を迎えたため二日目は疲労困憊で倒れそうでした。(笑)

 

 

朝6時過ぎには京都の下の下の方まで着きましたが、一度トラックを降りてからその後またヒッチハイクをする気力は僕には1mmも残っておらず、電車(チート)を使いました。目的地に達するも、予定の時間まで6時間程ありました。

こういう時は空いた時間を有効活用して観光!純喫茶巡り!などをするのが普通でしょうが僕にはその気力さえありませんでしたので、カフェに入りはただただぼーっとするのを繰り返していました。

 

そして予定の時間も1時間半くらい前倒ししてその日の第一目的、辻調理専門学校さんのとこへ!

 

受付の方も、”予定集合時間”というものを完全に無視した僕の登場に少し戸惑っているようでした。けど、そんなの関係ないですよね。(社会で生きていけない)

 

 

しかし丁寧な対応をしてくださって、興味深い本もたくさんあったおかげで暇する事なく過ごせました。14時からスタートし、僕が興味があると言ったコースの授業一つ一つにお邪魔させて頂きました。実際の授業の雰囲気や先生方とお話し出来るのはとっても良かったです。

 

実は僕、高校生の最初の頃はパティシエを目指していて、調理ではなく製菓の専門学校さんのオープンキャンパスなどによく参加させてもらっていました。

その頃の自分は単純で、食べるの好き→特に菓子が好き、作るのも好き→パティシエになりたい→製菓の専門学校と考えていたのです。

しかし次第に興味は広がっていき、普通の洋菓子店で食べられるようなケーキだけでなくヴィーガンやアレルギーフリーのお菓子、そしてそれらのレシピ本を出したいと思うようになっていきました。

 

こっから先を話しだすと本当に長いので今回は割愛しますが、

今僕が考えている事は

食べ物を様々な視点で見つめていきたいと言う事です。

目標としてあるのは、本を出すことです。レシピ本もいいですが、旅本なども料理と絡めていったら面白いのかなと思っています。

そこにたどり着くためには、食べ物を作る側、調理する側、アートを手がけていく側、栄養や食文化に結びつけていく側など、たくさんの歩き方があるのではないかと思います。

 

そういったなかで、調理の専門学校は”作る”技術だけでなく、その理論や食べ物の仕組み、栄養、食文化など様々な事に手が出せるといった面で魅力的に感じます。

 

そんなこんなで、まだ決定ではありませんが、来年度は大阪にいるかもしれません。

もしも学校に行かないという事になっても、東京は離れようと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、そんな学校見学を終えた後はある二人に会ってきました。

「大阪なうです。どなたか知り合いいませんでしたっけ。」

と僕がFacebookで呟いたらすぐさま名乗り出てきてくれたこのお二人方。

 

ここ一年で日本にも海外にも一気に知り合いが出来すぎて、誰がどこに住んでいるかの記憶がないのでたまにこうやって呟いていこうかなと思っています。

 

インドのバラナシにあるサンタナという日本人宿でお会いしたのは、懐かしくもない一ヶ月程前。実はあんま喋ってなかったけど、外国にいるのに大阪人感を出していた(実は出身は大阪ではないらしい。)アヤエさんと、インド5回目という、もはや住んだ方が早いんじゃないですかとツッコミたくなったチャーリーさん髪型がインドで大人気のヒンドゥー教の破壊神、シヴァと一緒)。

インドは本当に面白い旅行者に出会う事が多かったです、、、

 

 

アヤエさんと待ち合わせをして、チャーリーさんの働くバルへと飲みにいきました!

特に積もる話もなかったので、僕がいかに見た目と言っている事はチャラいのに

中身は童貞チキンなのかを長々と喋っていましたw

さすが人生と恋愛の大先輩であるアヤエさんは”そのままで良いと思うよ!”という

めちゃくちゃ励まされるけど何の根本的解決はされない声を終止かけてくれていました。もう、踏んでいる修羅場の数が圧倒的に違いそう、、、

今度会った時はアヤエさんの修羅場談をたくさん聞きたいです。

 

チャーリーさんはというと、時々声をかけてくれながらもめちゃくちゃ忙しそうでしたw次はもっとチャーリーさんともゆっくり話したいです。最後さようなら〜ってする時に 待って二人ともハグしておこ!旅人はいつ死ぬかわからんからな! って言ってきた時は、チャーリーさん、なんていい人なんやろ、と思いました。

 

f:id:i-am-sora224born:20160521224659j:plain

 

 

ええ人ら。またすぐ大阪行くんでそん時はよろしくお願いします!

 

 

 

 

そんでその後は大阪よりの兵庫に住む、高校の頃の友達の家へ泊まらせて

もらいに行きました。久しぶりに会って話したい事もたくさんあったけど

先輩との飲み付き合いが大変そうでその日はあんまり話せませんでした〜

 

高校の頃、同級生で本当にお菓子やカフェ巡りが好きな友達が本当に少なかったので

その友達は好きなカフェの雰囲気とかの話が出来たのでまた会えて嬉しかったのです!お互い生まれも育ちも東京なのに似非関西弁で話すのが面白かった(笑)

 

 

 

 

 

 

 

翌日、朝には兵庫を出て少なくとも広島辺りまでは進みたかったのですが

 

あることが原因でなかなか出れませんでした。。。

 

 

 

 

 

さすがにここでは名前は伏せておきますが、

最近僕はある女の子に恋をして、会ってまだ一週間くらいなのに告白して

案の定無惨にもフラれてきたのです!しかしここ一年で鍛え上げてきたメンタルは

ちょっとやそっとではびくともしない!と強がって

全然まだまだ諦めていなかったのですが、、、

寝る少し前にその子からLINEで、私彼氏出来ました。の報告を受けました。

 

 

 

 

 

嘘やん!!!!

 

 

 

 

 

もう、何度目ですかコレ。今は好きな人いないとか彼氏いないとかタイミングが

悪いとか、、、

 

 

 

女の子って本当嘘つきですね!!!!!!

 

 

今までフラれてきた時って、なんやかんや色々理由を言われて

あぁそっか、じゃぁそこをどうにか直せばまだチャンスはあるんだな、

なんてご気楽を思い続けてきた僕ですが、

そろそろ、気づきました。

ダメなもんはダメ!!!!!!

恋愛って理屈じゃないですもんね。僕がその人に魅力なければ

それで終わり。

面白いね! って言われるは増えてきた僕ですが

まだまだオトコとしては面白くないみたいです。

もう、背伸びしないでそのままでいろよって話ですよね。(アヤエ姉さん、さすがです!)

 

 

 

この、あぁやっぱ俺はオトコとしてはクズなのか、と言う事を

頭の中で無限ループさせなかなかベッドから出れずにいたのです。(笑)

性もないですね、、、本気でこのまま東京にUターンしようかと思いました。

でももし本当に帰ってたらもっと性もないことになっていたであろうので

何とか午後3時になる前には家を出ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてその日も一番近くの高速道路入り口まで電車でやってきた訳なのですが、

今回は始める時間がさすがに遅すぎた。最初に降りたSAでは、色んな人に頼み続けるにも断れ続け、まさかの兵庫すら出られない説が浮上してきた午後5時過ぎ、、、

 

 

 

「熊本?あぁ行くよ、俺はこれから鹿児島行くところだからね。」

本当ですか!僕、熊本の下の方の水俣市って所に向かっているんです!

水俣?あぁ通るよ。乗っけってやっても良いぜ。」

 

 

 

これが不幸中の幸いというやつですか、、、!!!!!(ちょっと違う)

 

 

 

ということで出発があまりにも遅すぎたにも関わらず、むしろ早く熊本に

着ける事になりました。しかも2代目で!!!!

ほんまラッキーでした。

 

 

乗っけてくれた方は御歳69歳のトラックの運ちゃん

もう辞めたいらしいですのが業界が人手不足過ぎて辞めさせてくれないそうです。

実はこの、トラックの運転手人手不足問題は本当に深刻らしいのです。

昔は給料が良かったし人出も今よりあったから良かったのですが

元々休みがない、長時間運転しぱっなしの為腰痛持ちにになる、就寝時間や食生活も不規則になる、家にいる事が少ないなどの理由と賃金の低下に伴い

今、トラックの運転手をする人たちが減ってきているそうです。

人手が足りなければそのしわ寄せは他の人へ、そしてもっと過酷な労働環境

なり辛くて辞めてしまう。この負の連鎖だそうです。

僕もヒッチハイクを始めてこの事を始めて知ったのですが、

今の日本の流通事情上、無くてはならない職業の一つなのでどうにかしないと

いけない問題の一つであると思います。

僕が出会った方々、皆さん自分がトラックの運ちゃんであることに誇りを持っていて

この仕事が好きだからね、と言っている方が多かったです。

 

 

 

 

 

そんな中、僕はこのおじさんと他愛も無い世間話やオバマの広島訪問、恋愛の話などまでしながら無事熊本県まで送ってもらいました。

 

 

 

写真は苦手だから、と写りたがらなかったおっちゃん。

なので撮ったけど載っけないでおきます。

ご飯も御馳走してくれてたくさん話にも付き合ってくれてありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました!

 

次回は、熊本にての茶畑体験のお話です。ではでは〜